4G vs 4G Plus

LTE-Advance(3GPPリリース10)およびWiMAXリリース2(IEEE 802.16m)は、IMT Advance要件に基づいて、ITU-R(国際電気通信連合-無線通信セクター)により4Gまたは第4世代ワイヤレスモバイルブロードバンドテクノロジーと呼ばれました。ただし、LTE(3GPPリリース8)およびモバイルWIMAX(IEEE 802.16e)ネットワークは、モバイルブロードバンドサービスプロバイダーによって4Gとして大量に販売されていました。同様に、LTE-Advance(リリース11、12、13)テクノロジーの拡張機能は、通常4Gプラスと呼ばれます。サービスプロバイダーはすでにLTE – Release 8を4Gとして販売していたため、LTE-Advance(R10以降)を4Gプラスとして販売することになりました。

4Gとは何ですか?

2008年3月の時点で、ITU-RがIMT-Advanced仕様で4G候補技術として設定した要件のリストには、歩行者と固定ユーザーの1 Gbpsでのピークデータ速度、高モビリティ環境で使用した場合の100 Mbpsなどの条件が含まれていました、DL 15-bps / Hzのスペクトル効率、ULの6.75 bps / Hz、および2.25 bps / Hz /セルのセルエッジスペクトル効率。 IMT Advanceの要件に完全に準拠しているため、当初、彼らはLTE-Advance(リリース10)およびWiMAXリリース2(IEEE 802.16m)を真の4Gとして認識していました。 LTE-Advance(リリース10)は、DL – 1 Gbps、UL – 500 Mbps、DL – 30 bps / Hz、UL – 15 bps / hzのスペクトル効率を達成しました。データレートとスペクトル効率の目標は、IMT-Advance仕様の主要な要件でした。ただし、LTE、WiMAX、DC-HSPA +およびその他の4G以前のテクノロジーは、2010年12月6日にジュネーブでITU-Rにより4Gと見なされ、2010年12月6日に導入された最初の第3世代システムに関するパフォーマンスと機能の大幅な改善日付。さらに、ITU-Rは、IMT-Advancedテクノロジーの新しい詳細仕様が2012年初頭に提供されると述べました。ただし、これまで公式に修正されたことはないため、2008年3月に行われた元のIMT-Advance要件は、日付。

サービスプロバイダーの観点では、LTEは、すべてのIP PSドメイン、以前の第3世代システムとの非下位互換性、新しい機器の展開、既存のワイヤレス標準との相互運用性、動的な共有と使用など、IMT-Advance要件の多くを順守していますセルごとにより多くの同時ユーザーをサポートするためのネットワークリソース。したがって、彼らはLTEを4Gとして主張し、販売しました。一般的には、LTEは4Gテクノロジーと簡単に考えることができます。

4G Plusとは何ですか?

ITU-Rの観点から見ると、4G plusは、3GPPリリース11、12、13など、LTE-Advance(リリース10)を超えていると見なされます。R10以降のすべてのリリースは、同じベースネットワークアーキテクチャと無線技術を使用していますが、新しいリリースから提供される改善点のみ。また、それらはすべてR10との下位互換性があります。リリース11では、ULとDLの両方の2つのコンポーネントキャリア(CC)のキャリアアグリゲーション(CA)と、キャリアアグリゲーションの非連続CCをサポートしています。 R11には、セル間干渉キャンセル(ICIC)の改善とセルエッジスループットの強化に加えて、UL&DL Coordinated Multi-Point(CoMP)テクノロジーも追加されています。 R12およびR13では、非連続イントラおよびインターバンドでのキャリアアグリゲーションがさらに改善されました。これは、事業者の連続スペクトルが利用できないため、すでに商用ネットワークでヒットしています。

サービスプロバイダーの観点から見ると、LTE-Advance(R10以降)は、すでに4GとしてLTE(R8)と命名されているため、4Gプラスと見なされ、販売されています。

4Gと4G Plusの違いは何ですか?

ITU-Rの観点によると、IMT-Advance仕様に完全に準拠しているLTE-Advance(リリース10)は4Gとしてブランド化されており、固定ユーザー向けに1 Gbpsのピークデータレートを提供します。 2つの連続した帯域内コンポーネントキャリア、および8×8 MIMO。

•一方、Release 11以降では、最大5つのコンポーネントキャリア(最大100 Mhzの帯域幅)、UL / DL CoMP、Enhanced ICIC、改善されたセルエッジスループットなどの非連続インターバンドおよびイントラバンドキャリアアグリゲーションなどの技術が4Gプラスと見なされますテクノロジー。

•サービスプロバイダーの観点によると、LTE –リリース8は4Gと見なされ、300/75 MbpsのピークDL / ULデータレート、4×4 MIMO、セルあたり最大20Mhz帯域幅をサポートできます。 LTE-Advance(R10以降)テクノロジーは4Gプラスとして販売されています。