高度vs垂直二等分線
 

高度と垂直二等分線は2つの幾何学的用語であり、多少の違いはありますが理解する必要があります。それらは、定義が同一ではありません。高度は、頂点から反対側に垂直な線です。三角形の高度は共通点で交差します。この共通点は、オルソセンターと呼ばれます。

高度を解決するための別個の公式があることに注意することは興味深いです。三角形のa、b、c辺の場合、コサインの法則を使用して角度を解くことができ、直角三角形の関数の式によって三角形の高度を解くこともできます。これは、特定の三角形の面積がわかっている場合に実行できます。

特定の三角形の面積がAの場合、三角形のさまざまな高度は、式、つまりhA = 2A / a、hB = 2A / bおよびhC = 2A / cを使用して見つけることができます。

垂直二等分線の定義はまったく異なります。三角形の垂直二等分線は、三角形の辺の中点を通過する垂線です。これが、高度と垂直二等分線の主な違いです。高度を見つける場合は頂点を考慮する必要がありますが、垂直二等分線を見つけるときは側面の中点を考慮する必要があることに注意してください。

3つの垂直な二等分線は、三角形の外接円の中心の交点を見つけるための入札で発見されます。これは、垂直二等分線を知る目的です。この交点は、外心と呼ばれます。

幾何学の学生にとって、高度と垂直二等分線を決定する方法を知ることは特に重要です。学生はそれらを見つけるためにさまざまな式を適用します。