市民連合と同性結婚

同性愛者の結婚とは異なり、市民連合の正確な意味については多くの混乱があります。 一部の政治家が市民組合を支持し、別の組合に反対すると主張した場合、状況は改善されません。 結婚は、世界中のほとんどすべての政府によって認められている法的地位です。 権利や保護と同様に、相互の義務もあります。 結婚は法的要素の合計以上のものです。 文化的には機関です。 結婚自体は、2つのパートナー間の相互の愛と信頼、および各パートナーが互いに相手とするコミットメントの重要な基盤です。

市民連合は、州レベルのカップルに法的保護を提供する法的地位としてのみ定義されています。 他の連邦保護、結婚状態などの高い地位、権力、安全を提供しません。 バーモント州は、2000年に米国で最初の市民社会を形成しました。 オレゴンやニュージャージーなどの他のいくつかの州は、訴訟を起こしました。

同性婚は他の2人の成人の公的機関と同様に扱われるため、市民労働組合と同性愛者の結婚には大きな違いがあります。 市民社会にはない多くの保護を提供する法的拘束力のある文書であるべきです。 たとえば、医療サービスは通常、既婚者に提供されますが、個々の企業は市民組合に加盟していますが、市民組合員は既婚者と同じ特権、義務、保護を持っているバーモント州などの州を除きます。 離婚を申請する必要がないため、民間団体は離婚時に義務が少ないと主張することができます。 また、法律を呼び出すことができないため、これは紛争につながる可能性があります。

同性愛者のコミュニティでは、市民連合と同性愛者の結婚の区別はしばしば意味論の問題として認識されていることに注意すべきです。 これは、スティグマと孤立を同性間の個人間のすでに不快な関係に変える方法と見られています。

結論1.同性結婚は、同性の法人が合法化される正式な組合であり、市民組合は非公式の組合です。 2.同性結婚には法的文書が含まれていますが、市民社会では含まれていません。 3.同性愛者の結婚相手は、離婚中に離婚を申請しなければなりません(これは法的義務です)。

参照資料