CUI対GUI

CUIとGUIは、さまざまな種類のユーザーインターフェイスシステムを表す頭字語です。 これらはコンピューターに関して使用される用語です。 CUIはCharacter User Interfaceの略ですが、GUIはグラフィカルユーザーインターフェイスを指します。 どちらもインターフェースであり、プログラムを実行する目的に役立ちますが、機能とユーザーに提供する制御が異なります。 ここでは、それらについて知らない人のために、2種類のユーザーインターフェイスについて簡単に説明します。

CUIとは何ですか?

CUIは、キーボードを使用してコマンドを入力し、コンピューターと対話する必要があることを意味します。 MS DOSまたはコマンドプロンプトのように、コンピューターにコマンドを与えるためにのみテキストを入力できます。 画面上に画像やグラフィックはなく、これはインターフェイスの基本的なタイプです。 当初、コンピューターはこのインターフェイスを介して操作する必要があり、それを見たユーザーは、白いテキストのみの黒い画面と戦わなければならないと言いました。 当時、CUIはポインターデバイスの使用をサポートしていなかったため、マウスは必要ありませんでした。 CUIは次第に時代遅れになり、より高度なGUIが代わりになりました。 ただし、最新のコンピューターでも、CLI(コマンドラインインターフェイス)と呼ばれるCUIの修正バージョンがあります。

GUIとは何ですか?

GUIは、ほとんどの最新のコンピューターで使用されています。 これは、グラフィック、画像、およびアイコンなどの他の視覚的な手がかりを利用するインターフェースです。 このインターフェイスにより、マウスをコンピューターで使用できるようになり、ユーザーが毎回コンピューターにコマンドを入力するのではなく、マウスをクリックするだけで操作できるようになり、操作が非常に簡単になりました。