電気泳動とクロマトグラフィーの主な違いは、化学種の電気特性が電気泳動に使用されるのに対して、化学種の分配係数がクロマトグラフィーに使用されることです。

電気泳動とクロマトグラフィーはどちらも、サンプルの分析に使用する実験技術です。しかし、クロマトグラフィーはより商業的な用途があり、大量に有用ですが、電気泳動は基本的には顕微鏡レベルで使用する調査手法です。

内容

1.概要と主な違い
2.電気泳動とは
3.クロマトグラフィーとは
4.並べて比較–表形式の電気泳動とクロマトグラフィー
5.まとめ

電気泳動とは何ですか?

電気泳動は、そのサンプルに存在する化学種の電気的特性を使用してサンプルを分析するために使用する実験技術です。そこで、サンプル内の分散粒子の動きを観察できます。したがって、化学種の存在する流体に対する化学種の動きを決定できます。ただし、特定の条件を作成する必要があります。たとえば、流体に空間的に均一な電界の影響を与える必要があります。この技術の背後にある理論は、荷電媒体の異なる粒子が電界の存在下で異なる移動速度で移動するというものです。

電気泳動の同義語は「動電現象」です。また、サンプルに存在するイオンの種類に応じて、電気泳動を2つのカテゴリに分類できます。すなわち、それらは電気泳動とアナフォレーシスです。電気泳動は陽イオン(正に帯電したイオン)に対するものであり、一方、電気泳動は陰イオン(負に帯電したイオン)に対するものです。電気泳動の最も重要な用途は、サイズに応じたDNAフラグメントの抽出です。

クロマトグラフィーとは何ですか?

クロマトグラフィーは、サンプルに存在する化学種の分配係数を使用してサンプルを分析するために使用する分析手法です。このメソッドは、混合物の成分を分離するのに非常に便利です。たとえば、クロマトグラフィーは、人間の血液の処理に使用する非常に重要な手法です。ここでは、この手法を使用して、治療用の血液のさまざまな成分を分離します。

この手法では、移動相と固定相として2つの相を使用します。したがって、移動相にはサンプルが含まれている必要があり、固定相はサンプルを成分に分離するのに役立ちます。サンプルの移動相は、サンプルの成分が異なる速度で移動する固定相を通過します。これにより、コンポーネントが分離されます。したがって、この手法の背後にある理論は、移動相と固定相の間の成分の微分分割です。

電気泳動とクロマトグラフィーの違いは何ですか?

電気泳動は、そのサンプルに存在する化学種の電気的特性を使用してサンプルを分析するために使用する実験技術です。一方、クロマトグラフィーは、サンプルに存在する化学種の分配係数を使用してサンプルを分析するために使用する分析技術です。したがって、これは電気泳動とクロマトグラフィーの大きな違いです。さらに、電気泳動と使用法に基づくクロマトグラフィーの違いは、液体、固体、および気体の化合物にクロマトグラフィーを使用できるのに対し、一般的に液体および固体の化合物のみに電気泳動を行うことです。

表形式の電気泳動とクロマトグラフィーの違い

まとめ–電気泳動とクロマトグラフィー

電気泳動およびクロマトグラフィー技術は、研究室で実施する調査方法に革命をもたらしました。その結果、これらの技術は、DNA構造の研究およびそれに関連する疾患の検出において大きなブレークスルーを提供します。電気泳動によりDNAと遺伝子マッピングが簡単になりましたが、クロマトグラフィーはすべての血液成分を効率的に使用する自由を人間に提供しました。電気泳動とクロマトグラフィーの主な違いは、化学種の電気特性が電気泳動に使用されるのに対して、化学種の分配係数がクロマトグラフィーに使用されることです。

参照:

1.「電気泳動」。ウィキペディア、ウィキメディア財団、2018年7月23日。
2.「クロマトグラフィー」。ウィキペディア、ウィキメディア財団、2018年10月15日。

画像提供:

1.「荷電粒子の電気泳動による運動」ダニエル・プグリシ著– Commons Wikimediaを介した自身の研究(CC BY-SA 3.0)
2.「クロロフィルのクロマトグラフィー–ステップ7」Flo〜commonswikiによる–自身の仕事(CC BY-SA 2.5)、Commons Wikimedia経由