エポキシと樹脂

樹脂とエポキシはどちらも建設業界で一般的に使用される接着剤です。 プラスチック接着剤とも呼ばれ、プラスチック、ガラス、金属の結合にも使用されます。 これらは、組み立て、メンテナンスと修理、建設、手芸、産業およびエンジニアリングの目的で、創造的な目的に使用できます。 これらのプラスチック接着剤は、堅牢な結合特性が特徴です。 優れた熱、衝撃、耐薬品性、断熱性。 これらのプラスチック接着剤は、すぐに使用できるパッケージ、シリンジ、ボトル、グルーガンカートリッジで利用できます。 異なる目的に使用される2つの一般的なプラスチック接着剤を比較する前に、各タイプの接着剤の特性のいくつかを知る必要があります。

樹脂接着剤は、粉末と液体の両方の形態で入手可能な接着剤です。 このタイプの接着剤粉末は水と簡単に混合でき、液体の形には通常粉末触媒が充填されています。使用前に混合物に追加する必要があります。 樹脂接着剤の硬化には、通常8〜10時間かかります。 周囲温度が高いほど、接着剤の乾燥に時間がかかります。 樹脂接着剤は、優れた接着性を提供するため、建設業界で一般的に使用されています。 このタイプの接着剤は硬化に時間がかかるため、木工アプリケーションでの使用に最適です。これは通常、慎重かつ緊急の取り扱いが必要なタイプの作業です。 木材に加えて、樹脂接着剤は壁パネル、床材、テーブルカバーにも使用できます。

一方、エポキシ接着剤はあらゆる種類の接着剤の中で最も強力です。 車両、航空機、スポーツ用品の建設に使用されます。 耐水性と可溶性です。 その結合特性に加えて、さらに耐久性があり、化学物質や熱に対して非常に耐性があります。 エポキシはオイルベースの接着剤で、接着に関してはメイクアップスタイルの接着剤より明らかに優れています。 エポキシには重要な要素が含まれています-エポコヒドリンは、極端な寒さ、熱、湿度に非常に強い硬質層を形成します。 選択したブランドに応じて、エポキシ処理には約6〜30分しかかかりません。 エポキシは速乾性があるため、木材、プラスチック、金属の接着に最適です。 さらに、この高速乾燥機能により、エポキシは非常に高価な接着剤タイプになります。 エポキシは産業目的に適しているだけでなく、家庭での使用にも有益です。 エポキシは、損傷したワイヤを修復し、椅子とテーブル脚を修復できます。

要約:

  1. 強い結合を形成することになると、エポキシと樹脂の両方の接着剤は強くなりますが、エポキシはより強くなります。 両方の接着剤は、家の改造や建設プロジェクトに最適です。 2つの接着剤の主な違いは、乾燥時間です。 エポキシと樹脂の両方のバインダーは、使用前に混合する必要がありますが、エポキシは樹脂接着剤よりもはるかに硬いです。 エポキシは、優れたシーリング能力を持ち、あらゆる種類の接着剤よりも優れているため、樹脂接着剤よりも高価です。 樹脂接着剤の硬化には8〜10時間かかり、エポキシ接着剤は6〜30分しかかかりません。 エポキシ接着剤はゴム接着剤よりも優れているため、航空機、ボート建設などの大規模プロジェクトに最適です。 この樹脂は、接着剤による木工プロジェクトや、迅速な組み立てを必要としないプロジェクトに最適です。 プラスチック、金属、木材、クラフトプロジェクトはすぐに行う必要があります。エポキシは使用に最適な接着剤です。

参照資料