イマジネーションvsファンタジー

技術と製品のすべての進歩は、創造的、科学的、芸術的志向の人々の想像力と空想の結果です。 まだ考えられていない概念や製品について考え、視覚化する能力は、見たことも聞いたことも言うまでもなく、空想の飛行として最もよく説明できます。 その驚異的な力のために信じられないと思われるすべてのおとぎ話と伝説は、私たちの祖先の肥沃な空想の産物であると言われています。 想像力は、目の前に存在しないものの精神的なイメージ、概念、感覚を形成することを伴うため、同様のプロセスです。 想像力と空想の間には多くの重複があるため、これは多くを混乱させます。 この記事では、想像力と幻想の違いを明らかにしようとしています。

想像力

目の前に存在しない物体の絵を描くように子供に頼むとき、あなたは子供に何を求めていますか? あなたは本質的に、紙にフィギュアを描くことができるようにアイテムのイメージを思い起こさせるように彼に求めています。 同様に、科学者たちは豊かな想像力を駆使して、新しいアイデアや製品に到達します。 ニュートンは、彼の数百万人前のように、頭の上の木からリンゴが落ちているのを見たが、ニュートンの運動の法則を発展させたのは彼の想像力だった。

目を閉じて、私たちは私たちの周りのものを想像することができます。 これはおそらく、神から私たちに贈られた生来の施設です。 私たちは想像力を駆使して、目隠しされたゲームで触れさせられる製品の名前を伝えます。 想像力という言葉の起源は、イメージを描くラテン語の想像力の意味です。

ファンタジー

ファンタジーは想像力の産物ですが、ほとんどは現実からかけ離れています。 それは空想の性質であり、人が空想をしているとき、物事や概念を経験し、目覚めているときや感覚で消えている。 ファンタジーは心の産物であり、欲求不満、恐れ、野望、欲望、うつ病などに起因します。これまでで最も物議をかもしている心理学者フロイトによると、空想は私たちの最も深くて最も暗い内面の現れです。

ファンタジーは、おそらく人間に固有のものです。 すべてのf話と神話には、火を吐くドラゴンやモンスターなどの超大国のキャラクターや、身長10フィートを超える人間が並外れた力と勇気を持っているキャラクターがいます。 また、ファンタジーと呼ばれるこのジャンル専用の性的な空想、映画や絵画もあります。

イマジネーションとファンタジーの違いは何ですか? •想像力とは、画像、感覚、概念を最終的な絵やアイデアに追加することです。 •感覚は、想像力を通してイメージを想起させます。 •想像力は目標志向であり、ファンタジーは自由に浮かび上がり、科学と自然の原則が必要ではありません。 •火を吐くモンスターについて空想するのは簡単ですが、現実からは程遠いものです。 •イマジネーションは、新しいアイデアや製品の生成を担う創造性に道を譲ります。 •ファンタジーは、私たちの深い欲望と野心に由来します。 •子どもの脳力の発達には、想像力と幻想の両方に役割があります。