無理数と有理数

有理数と無理数は両方とも実数です。 両方とも、特定の連続体に沿った特定の量を表す値です。 数学と数字はみんなのお茶ではありません。したがって、時には合理的な数字と不合理な数字を区別するのが混乱する人もいます。

有理数

有理数は、実際には、yまたは分母がゼロでない2つの整数x / yの分数として表現できる任意の数です。 分母は1に等しいため、すべての整数は有理数であると結論付けることができます。 有理数という言葉は、もともと両方が整数である場合、比率x / yで表すことができるため、元々は比率から派生しています。

無理数

その名前が意味するものとしての無理数は、合理的でない数です。 これらの数値を小数形式で書くことはできません。 ただし、10進数形式で記述できます。 無理数は、合理的ではない実数です。 無理数の例には、黄金比と2の平方根が含まれます。これらの数をすべて小数形式で表現できないためです。

無理数と有理数の違い

有理数と無理数について学ぶべきいくつかの違いを以下に示します。 第一に、有理数は分数として書くことができる数です。 分数として表現できない数値は、パイのように無理数と呼ばれます。 数値2は有理数ですが、その平方根はそうではありません。 すべての整数は有理数であると断言できますが、すべての非整数が無理であると言うことはできません。 上記のように、有理数は分数として書くことができます。 ただし、小数として記述することもできます。 無理数は小数ではなく小数で書くことができます。

上記の内容を見ると、これら2つの違いをマスターすることができます。

簡単に言うと:•すべての整数は有理数です。 しかし、必ずしもすべての非整数が非合理的であることを意味するわけではありません。 •有理数は、分数と小数の両方として表現できます。 無理数は小数で表現できますが、小数では表現できません。