文学とリテラシー
  

文学とリテラシーは、英語を母国語としない人や言語を習得しようとする人を混乱させる2つの単語です。これは、文学とリテラシーの間に1文字の違いしかないスペルの類似性のためです。文学は文学に関係するものですが、読み書きは読み書きの能力に関する概念です。この記事では、文学と識字の違いを強調して、これら2つの概念を混同している読者の心からすべての疑問を取り除きます。

文学

何らかの形で文学に関係するものは誰でも、文学と言われます。私たちは本の性質を扱う文学史について語り、また著者の文学スタイルについても話し合います。この言葉は文学に由来し、文字通り文字や書かれたまたは出版された作品に関係する何かを意味します。散文と詩の間に主要な分類がある文学の多くの形式があります。

文学とは、文学の形式に精通している人、または自分で書くことで職業に従事している人を指すのにも使用される言葉です。そのような人は文学的人と呼ばれ、文学的な言葉が形容詞になるこの方法で使用されます。メディアは、文学界にいる文学に関係する人々を指すのが一般的です。

リテラシー

識字能力とは、人口の大部分が正式な教育を受けておらず、文盲のままである発展途上国の文脈において重要な意味を持つ言葉です。読み書きのできる人とは、認められたレベルの能力で読み書きできる人です。多くの国では、自分の名前を書き、言語で書かれた自分の名前を読むことができるという単なる能力は、リテラシーと見なされます。したがって、言語で自分の名前を読み書きできるのであれば、読み書きができます。より広いレベルでは、読み書き能力は、特定の言語で首尾一貫して考える人の能力も反映します。

文学とリテラシーの違いは何ですか?

•リテラシーとは、言語で読み書きできる能力を指します。文学とは、言語、特に文学の高いレベルの能力を指します。

•スケールまたは連続体では、リテラシーは一方の極端にあり、文学はもう一方の極端にあります。

•したがって、文学者は非常に広範なレベルの理解を持っているのに対し、文学者は非常に初歩的な能力レベルで概念を理解できます。

•文学者は批判的な心を持っており、さまざまな著者の作品を比較できますが、文学者だけがこれらの資質を発揮することは期待できません。

•文学者は常に読み書きができますが、読み書きができる人についても同じことが言えません。

•識字能力は、政府が人口を識字させるためにリソースを費やす貧しい発展途上国で重要な概念です。

•識字能力は、文学になるための一歩となります。