主な違い-ローカルアクションと偏光

局所作用と分極という用語は、バッテリーの2種類の欠陥を示すために使用されます。 これらは単純な電池に含まれています。 これらの欠陥は、これらのセル(またはバッテリー)の実用的な価値と性能を低下させます。 バッテリーの局所的作用は、プレートの異なる部分の間を流れる局所電流によるバッテリーの内部損失です。 これらの局所電流は化学反応によって生成されます。 分極は、正電極の周りの水素ガスの収集による電池のセル反応の終了です。 局所作用と分極の主な違いは、酸化亜鉛などの減極剤を使用して分極を最小化できるのに対し、純亜鉛を使用して局所作用を最小化できることです。

内容

1.概要と主な違い2.ローカルアクションとは3.偏光とは4.サイドバイサイド比較–ローカルアクションと表形式の偏光5.まとめ

ローカルアクションとは

バッテリーの局所的な作用は、同じ電極から電流が流れることによるバッテリーの劣化です。 バッテリーには、1つ以上の電気化学セルが含まれています。 これらの電気化学セルには、電気機器に電力を供給するための外部接続があります。 バッテリーには2つの端子があります。 正端子または陰極と負端子または陽極。 バッテリーは化学エネルギーを電気エネルギーに変換します。

バッテリーの中には電極と電解質があります。 電解質には、バッテリー内の連続電流を維持するために必要な陰イオンと陽イオンが含まれています。 電解質が電子を供給して電流を生成すると、酸化還元反応が起こります。 ただし、バッテリーの性能や価値を低下させるなど、バッテリー内部で特定の欠陥が発生する場合があります。 ローカルアクションはそのような欠陥の1つです。

局所的作用は、存在する不純物のためにバッテリーが外部電源装置に接続されていない場合でも、バッテリーによる電流の放電です。 これらの不純物は、電極の一部に電位差を生じさせる可能性があります。 これは自己放電の一種です。

たとえば、亜鉛電極を使用する場合、鉄や鉛などの不純物が埋め込まれている可能性があります。 これらの不純物は、亜鉛電極と比較して正電極として機能し、亜鉛は負電極として機能します。 次に、セルが使用されていないとき、電流がこれらの電極を流れ、最終的にセルの劣化をもたらします。

不純物が埋め込まれていない純亜鉛電極を使用すると、局所作用を最小限に抑えることができます。 しかし、それは非常に高価なオプションです。 したがって、亜鉛が水銀と合金化して亜鉛アマルガムを生成する場合は、より安価なオプションが使用されます。 このプロセスは合併と呼ばれます。

偏光とは何ですか?

分極は、正極の周りに水素ガスが蓄積するために、単純な電池で発生する欠陥です。 単純なセルでは、水素ガスはセル内で起こる化学反応の結果として発生します。 この水素ガスが正極の周りに集められると、最終的には電解液から正極が絶縁されます。 このプロセスは、分極として知られています。

バッテリーの分極は、セルの実用的な価値と性能を低下させます。 したがって、それは細胞の欠陥と見なされます。 偏光を最小限に抑えるには、セルで生成された水素ガスと反応するため、デポラライザーを使用できます。 一般的な減極剤は酸化マンガンです。 水素ガスと反応して、副産物として水を生成します。

局所作用と分極の違いは何ですか?

ローカルアクションと偏光
バッテリーの局所的な作用は、同じ電極から電流が流れることによるバッテリーの劣化です。分極は、正極の周りに水素ガスが蓄積するために、単純な電池で発生する欠陥です。
処理する
局所作用では、亜鉛電極に埋め込まれた不純物が正極として機能し、亜鉛とこの正極の間に電流を発生させる可能性があります。バッテリー内部の化学反応で生成された水素ガスは、電極の周囲に蓄積され、絶縁をもたらす可能性があります。
原因
鉄や鉛などの電極の不純物が原因です。化学反応によって生成された水素ガスが原因です。
最小化
純亜鉛を使用して最小化できます。酸化マンガンなどの減極剤を使用して最小限に抑えることができます。

まとめ–ローカルアクションと分極化

局所作用と分極は、バッテリーで説明されている2種類の欠陥です。 局所作用と分極の違いは、酸化マンガンなどの減極剤を使用して局所作用を最小限に抑えることができる一方で、純亜鉛を使用して分極を最小限にできることです。

参照:

1.「単純な電気セルの欠陥。」 単純な電気セルの欠陥〜、こちらから入手可能2.「バッテリー(電気)」 ウィキペディア、ウィキメディア財団、2018年2月22日。

画像提供:

1.コモンズウィキメディア経由の「Panasonic-PP3-9volt-battery-crop」(CC BY-SA 2.5)