ネパールvsインド

インドとネパールは、インドの北端にあるヒマラヤ王国の隣国です。 ネパールは、しばしば亜大陸と呼ばれるインドに比べて小さいですが、両国は太古の昔から友好関係を築いてきました。 インドネパール国境は、パスポートを必要とせずに両国の市民が移動できる多孔質の国境です。 ネパール国民はインドで生活し、働くことができ、インド国民と同じ地位を与えられています。 これはすべて、西側諸国の人々に、2つの国が互いに本当に違うのかと思わせます。 しかし、多くの類似点にもかかわらず、インドとネパールの間には、この記事で強調される多くの違いもあります。

インド

インドはアジア大陸の南部にある非常に大きく人口の多い国であり、三方を水に、北をヒマラヤ山脈に囲まれています。 インドの経済は非常に大きく、世界最大の民主主義国です。 インドは古代インダス渓谷文明の本拠地であり、インド文化は世界最古の文化の一つと見なされています。 インドは約300年にわたって大英帝国によって統治され、1947年までに独立を果たしました。わずか60年の間に、インドはあらゆる分野で大きな進歩を遂げ、今日非常に急速に成長している経済と考えられています。 インドは、世界の4つの主要な宗教を生んだ場所です。 インドはヒンドゥー教徒に支配されていますが、議会民主主義が整備されている世俗的な国です。 インドは28の州と7つのUTで構成され、国の首都はニューデリーです。

ネパール

ネパールは、インド北部にある小さなヒマラヤ王国です。 内陸国であり、東、西、南がインドに接しており、北部は中国と接しています。 ネパールは、ネパール内にある10の最高峰のうち8つが山岳地帯です。 ネパールは今日の民主主義国ですが、その存在の大部分は君主制でした。 世界で唯一のヒンズー教の国で、人口の81%がヒンズー教徒です。 カトマンズはこの内陸国の最大の都市であり首都です。 ネパールは古代からインドと文化的関係を築いてきました。 1950年以来、インドとネパールの平和と友好に関する特別な条約が実施されており、インドは経済分野でネパールに特別な待遇を与えています。

ネパールvsインド

•ネパールは山岳地帯であるのに対して、インドは多様な地理を持っています。

•ネパールは、亜大陸であり世界で7番目に大きい国であるインドに比べて小さい。

•ネパールはヒンズー教の国であり、インドは世俗的な国です。

•ネパールルピーは、インドルピーに比べて非常に弱いです。

•ネパールは最近まで君主制でしたが、インドは独立以来民主主義でした。