完全競争対独占競争

完全かつ独占的な競争は、市場構造内の競争のレベルを記述する市場状況の両方の形態です。 完全競争と独占的競争は、価格、競争のレベル、市場参加者の数、販売された商品の種類の違いを含む完全に異なる市場シナリオを記述するという点で互いに異なります。 この記事は、各タイプの競争が市場のプレーヤーと消費者にとって何を意味するのかを明確に示し、それらの明確な違いを示しています。

完全競争とは何ですか?

完璧な競争のある市場は、同一の製品を売買している非常に多くの買い手と売り手がいる場所です。 製品はすべての機能が同じであるため、すべての売り手が請求する価格は一律です。 経済理論では、完全な競争市場の市場参加者は、市場リーダーになったり価格を設定したりするのに十分な大きさではないと説明しています。 販売される製品と設定される価格は同一であるため、そのような市場内での参入または退出に対する障壁はありません。

このような完全な市場の存在は現実世界では非常にまれであり、完全に競争的な市場は、独占的およびoligo占的などの他の形態の市場競争をよりよく理解するのに役立つ経済理論の形成です。

独占的競争とは何ですか?

独占市場とは、買い手は多いが売り手は非常に少ない市場です。 これらのタイプの市場のプレーヤーは、互いに異なる商品を販売するため、市場に提供される製品の価値に応じて異なる価格を請求することができます。 独占的な競争の状況では、販売者の数が少ないため、1つの大きな販売者が市場を管理し、したがって、価格、品質、および製品の機能を管理します。 しかし、このような独占は短期的にのみ持続すると言われています。新しい企業が市場に参入し、より安価な製品が必要になると、そのような市場力は長期的に消滅する傾向があるためです。

完全競争と独占競争の違いは何ですか?

完全で独占的な競争市場には、収益性を最大化し、損失を回避するという同様の取引目的があります。 ただし、これら2つの形式の市場間の市場力学は非常に明確です。 独占的競争は、完全な競争とは正反対の不完全な市場構造を表します。 完全競争は、現実には存在しない市場の経済理論を説明します。

概要:

完全競争対独占競争


  • 完全かつ独占的な競争は、市場構造内の競争のレベルを記述する市場状況の両方の形態です。

  • 完璧な競争のある市場は、同一の製品を売買している非常に多くの買い手と売り手がいる場所です。
  • 独占市場とは、買い手は多いが売り手は非常に少ない市場です。 これらのタイプの市場のプレーヤーは、互いに異なる商品を販売するため、異なる価格を請求することができます。

  • 独占的競争は、完全な競争とは正反対の不完全な市場構造を表します。

  • 完全競争は、現実には存在しない市場の経済理論を説明します。