ピノシトシスvs.エンドキトスレポートの設定

ピノサイトーシスおよび受容体媒介エンドサイトーシスおよび食作用は、すべての形態のエンドサイトーシスであり、「能動輸送」として分類されます。 能動輸送は、粒子または物質を低濃度領域から高濃度に輸送するプロセスです。 むしろ、濃度勾配があります。 粒子を輸送するにはエネルギーが必要であり、このエネルギーはATPまたはアデノシン三リン酸の形です。 ATPが存在しない場合、プロセス全体が最終的に停止します。 その結果、細胞の機能が損なわれ、生物が生き残れない可能性があります。 ピノサイトーシスと受容体を介したエンドサイトーシスは、細胞機能の出現に不可欠であり、それにより生命を維持します。 明確にするために、受容体を介したエンドサイトーシスと飲作用の間の有意差を検出します。

細胞が特定の粒子または分子を内部で分割する場合、それらは受容体媒介エンドサイトーシスと呼ばれます。 相互作用は、細胞膜に位置する受容体に完全に依存しており、これは特異的な結合タンパク質です。 細胞膜表面にあるこれらの受容体は、細胞外空間の特定の成分にのみ付着します。 これを説明するために、鉄を検討してください。 トランスフェリンは、鉄を血流に運ぶタンパク質受容体です。 2つが衝突すると、鉄分子がトランスフェリン受容体にしっかりと付着します。 結合プロセスが完了すると、細胞に入り、細胞質から鉄を放出します。 トランスフェリンの量が少量であっても、トランスフェリン受容体とその「リガンド」またはその受容体に付着した分子との間に強い引力があるため、細胞は必要な鉄を吸収できます。 リガンド受容体複合体は、その特定の受容体に付着しているリガンドを記述するために使用される用語です。 このリガンド受容体複合体は、膜の特定の部分にコーティングされたピットを形成します。 このコーティングはクラスリンで覆われているため、非常に安定しています。 クラトリンは輸送プロセスも促進します。 このコーティングされたピットの最後の形は「受容体」として知られています。 クラスリンが失われると、小胞が形成されます。 対照的に、飲作用は「細胞摂取」または細胞外液(ECF)としても知られています。 ピノサイトーシスは、固体粒子だけでなく水と微小物質も吸収するため、受容体作動性エンドサイトーシスと比較してはるかに小さな小胞を生成します。 飲作用において細胞内液胞を生成するために使用される用語。 肝細胞、腎細胞、毛細血管細胞、上皮細胞の通常の輸送メカニズムも飲作用です。

比較すると、受容体を介したエンドサイトーシスは、細胞外のものを吸収するピノサイトーシスとは対照的に、表面に位置する受容体のため、細胞内キャリアにより特異的です。 効率の点では、受容体を介したエンドサイトーシスは、細胞に不可欠な高分子の浸透を可能にするため、飲作用よりも優れています。 細胞以外の空間で分子または粒子を収集する方法は異なります。 ピノサイトーシスは、受容体を介したエンドサイトーシスよりもはるかに簡単に物質を吸収します。 さらに、受容体を介したエンドサイトーシスとは対照的に、ピノサイトーシスは水を吸収します。エンドサイトーシスは大きな粒子のみを受け取ります。 最後に、飲作用の間に空胞が形成され、受容体を介したエンドサイトーシスでエンドソームが発達します。

要約:

1.受容体を介したエンドサイトーシスは、細胞内空間のすべてを吸収する飲作用とは異なり、細胞内物質に非常に特異的です。

2.受容体を介したエンドサイトーシスは、飲作用よりも効果的です。

3.ピノサイトーシスは、受容体を介したエンドサイトーシスよりも物質を吸収しやすい。

4.ピノサイトーシスは、大きな粒子のみを受容する受容体媒介エンドサイトーシスとは対照的に、水を吸収します。

5.ピノサイトーシス中に液胞が形成され、エンドサイトーシスは受容体を介したエンドサイトーシスにより発生します。

参照資料