償還と救い
 

Christianいと救いはキリスト教の宗教における2つの信念であるため、redいと救いの違いはキリスト教の文脈でよりよく説明できます。どちらも神の行為ですが、クリスチャンによる見方には多少の違いがあります。各用語を調べる方法もいくつかあります。どちらも人間を罪から救うことを指しているので、ある用語と他の用語を区別するのは、この救いがどのように行われるかです。その結果、2つの概念には違いがあり、キリスト教の教義についてさらに知るには、この違いを理解する必要があります。この記事では、redいと救いの違いを議論することを目的としています。

償還とは何ですか?

オックスフォード英語辞書によると、償還とは「救う、または罪、誤り、悪から救われる行為」を意味します。償還は全能者から直接生じます。言い換えれば、救いよりもredいにおいて神が果たすべき役割は大きいと言えます。 redいは歴史の中で一度だけ起こったと信じられており、エジプトからの出エジプトの間にも起こったと考えられています。その場合、redいは天使や全能者の使者によってではなく、全能者自身によって行われたことに注意することは興味深いです。

償還については別の考えがあります。その中で、神学者は、人類全体を奪うとき、redいという言葉が使われていると言います。事実を説明するために、彼らはキリストが人類全体を罰の負債から救うために彼の人生を捧げたとき、その事件はredいとして知られていると言います。それは、キリストが人類全体をredわれたからです。

償還と救いの違い

救いとは?

オックスフォード英語の辞書によると、救いとは「キリストからの信仰によってもたらされるとクリスチャンが信じている罪とその結果からの解放」を意味します。メッセンジャーは救いを綴る責任があると言えます。キリストは神の使者でした。再びメッセンジャーに力を与えて人々に救いをもたらすのは神です。したがって、メッセンジャーは、全能者から与えられた力を使用して、必要なときに困難から人々を救うことになっています。さらに、歴史上何度も救いが行われたと考えられています。全能者が救いを届けるために使者や天使を数回送ったことを意味するだけです。救いという言葉が、不思議や奇跡など、他の多くの言葉に置き換えられることもあります。救いの概念は、奇跡が全能者の祝福と好意によって起こるという信念への道を開きます。全能者とメッセンジャーにそれぞれ償還と救いの行動に感謝する習慣があります。

次に、救いについての別の信念があります。人々は、世界の救いを使うとき、それは個人の救いを指すと信じています。それによると、キリストは私たち一人一人を救いました。それが救いです。

Redいと救いの違いは何ですか?

•redいと救いの両方は、人々を罪から救うことを指します。

•神は救いよりもredいに深く関わっています。これは、redいと救いの大きな違いです。

•神がredいの手綱を握る間、メッセンジャーを通して人々に救いが与えられます。

•redいには神が直接関与し、救いには神が間接的に関与します。

•償還は人類全体を救うことを指し、救いは罰の負債から各個人を救うことを指すという信念もあります。

画像提供:

  1. Wikicommonsを介した十字架上のキリスト(パブリックドメイン)