証言と証言
 

法的分野に関しては、証言と証言の違いは非常に重要です。誰もが知っているように、法の分野には同じ意味を持っているように見えるが、微妙な違いがある多くの用語があります。かつて、「証言」と「証言」という用語がこの点を最もよく表していると言えます。私たちの多くは、実際には2つの間にわずかな違いがあるにもかかわらず、用語が1つの同じものを意味するものとして理解することが多いという点で難解です。この違いは非常に微妙であるため、区別がほとんど曖昧になり、混乱の痕跡が生じます。私たちのほとんどは、伝統的に法廷での証人の宣誓宣言、または法廷での宣誓または肯定の下で行われた宣言を指す「証言」という用語にある程度精通しています。ただし、「法的」という用語の定義は、特に法的な文脈では、私たちの多くにとってはあまり馴染みがありません。

証言とは何ですか?

上記のように、証言は慣習的に宣誓または肯定の証人による厳soleな宣言として定義されています。この宣言は通常、法廷で行われます。証言は通常、書面または口頭で与えることができますが、後者はより一般的な宣言方法です。目撃者によるこの宣言には、特定の事件、状況または出来事に関する事実の声明が含まれます。また、特定の事実を証明するために与えられる証拠の一種としても認められています。人が宣誓または断言の下でそのような形で宣言するとき、彼/彼女は真実を宣言することを誓うか、または約束していることに留意してください。したがって、虚偽の宣言を行っているか、虚偽または不正確な事実を述べていることが判明した人は、偽証罪で起訴されます。

証言と証言の違い

お客様の声とは何ですか?

一般的な用語では、「お客様の声」という用語は、一般に、人の性格や資格に関する書面または口頭での推薦、またはサービスや製品の価値に関する言及に使用されます。この定義は、個人的な意見を表明するか、個人的な感謝または承認の表現を構成するという点で、主観的な側面を暗示しています。ただし、法的文脈では、わずかに異なります。伝統的に、法律の証言は、特定の事実、真実、または主張を支持するために与えられた書面による声明を指します。推薦状も口頭で与えることができ、書面に限定する必要はないことに注意することが重要です。推薦状は、書面または口頭による承認、またはより単純な用語、承認、特定の事実または主張の承認と考えてください。場合によっては、証言は、証人の証言を裏付ける声明、または証人が述べた事実を裏付ける言葉を指します。

証言と証言の違いは何ですか?

•証言とは、法廷で宣誓または肯定された人によってなされた宣言を指します。

•一方、証言は、特定の事実、真実、または主張を支持してなされた声明を示します。

•「証言」という用語は、法的手続きにおける証人による声明を構成します。

•対照的に、証言は、証言をサポートするために使用される一種または何かの補足として機能します。

画像提供:


  1. ジェレミー112233に​​よる証言(CC BY 3.0)