原子価と電荷の重要な違いは、原子価は化学元素が別の化学元素と結合する能力を示し、電荷は化学元素によって獲得または除去される電子の数を示すことです。

原子価と電荷は密接に関連する用語であり、これらの両方の用語は化学元素の反応性を表します。原子価は、特に置換または結合できる水素原子の数によって測定される、元素の結合力です。一方、原子の電荷は、陽子の数から原子内の電子の数を引いたものです。

内容

1.概要と主な違い
2.価数とは
3.料金とは
4.並べて比較-表形式での価数と料金
5.まとめ

原子価とは何ですか?

原子価は、特に置換または結合できる水素原子の数によって測定される、元素の結合力です。化学元素の反応性の尺度です。ただし、原子の接続性のみを説明し、化合物のジオメトリは説明しません。

周期表の化学元素の位置を調べることにより、原子価を決定できます。周期表は、原子の最外殻の電子の数に従って化学元素を配置しています。最外殻の電子の数も原子の原子価を決定します。たとえば、周期表のグループ1の要素には、最も外側の電子が1つあります。したがって、それらは変位または水素原子との組み合わせのために1つの電子を持っています。したがって、結合価は1です。

また、化合物の化学式を使用して原子価を決定できます。このメソッドの基礎はオクテットルールです。オクテットの規則によれば、原子は、シェルを電子で満たすか、余分な電子を除去することにより、最も外側のシェルを完了する傾向があります。たとえば、NaCl化合物を考慮すると、Naの価数は1です。これは、Naが最外殻にある1つの電子を除去できるためです。同様に、Clの価数も1です。これは、Clが1つの電子を獲得してオクテットを完了する傾向があるためです。

ただし、酸化数は原子が運ぶ電荷を表すため、酸化数と価数という用語と混同しないでください。たとえば、窒素の原子価は3ですが、酸化数は-3から+5まで変化します。

チャージとは?

電荷は、陽子の数から原子内の電子の数を引いたものです。通常、これらの2つの数値は互いに等しく、原子は中性形式で発生します。

ただし、原子の電子配置が不安定な場合、電子を獲得または除去してイオンを形成する傾向があります。ここで、原子が電子を獲得すると、電子は負の電荷を持つため、原子は負の電荷を獲得します。原子が電子を獲得すると、この電荷のバランスをとるのに十分なプロトンが原子内にありません。したがって、原子の電荷は-1です。しかし、原子が電子を除去する場合、余分に1つのプロトンがあります。したがって、原子は+1の電荷を獲得します。

原子価と料金の違いは何ですか?

原子価は原子の反応性を示し、電荷は原子がどのように反応したかを示します。したがって、原子価と電荷の主な違いは、原子価は化学元素が別の化学元素と結合する能力を示し、電荷は化学元素によって獲得または除去される電子の数を示すことです。

さらに、価数の値にはプラスまたはマイナス記号がありませんが、イオンが電子を除去して形成された場合は電荷にプラス記号があり、原子が電子を獲得した場合はマイナス記号があります。

以下のインフォグラフィックは、価数と請求額の違いをまとめたものです。

表形式の価数と料金の違い

まとめ– alValency vs Charge

原子価は原子の反応性を示し、電荷は原子がどのように反応したかを示します。要約すると、原子価と電荷の重要な違いは、原子価は化学元素が他の化学元素と結合する能力を示し、電荷は化学元素が獲得または除去する電子の数を示すことです。

参照:

1.ヘルメンスティーン、アンマリー。 「原子価または原子価とは」ThoughtCo、2019年3月21日、こちらから入手可能。

画像提供:

1.「周期表の要素」Dmarcus100による– Commons Wikimediaを介した自身の作業(CC BY-SA 4.0)
2.「イオン」Jkwchuiによる– Commons Wikimedia経由の自身の作業(CC BY-SA 3.0)